teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


(無題)

 投稿者:Y.K.  投稿日:2019年 3月19日(火)21時41分8秒
返信・引用
  新大阪駅のJR西日本の窓口に掲示された張り紙によれば、同社で発売されているバス連絡定期券(すべて磁気で発行)のうち、阪神バス、尼崎交通事業振興、京阪バス、江若バスの各社に対するものは3月末で発売を終了するとのことです。系列を超えて発売される鉄道~バス間の連絡定期券は関西くらいにしかないようで、このような便利な乗車券は出来る限り続けてほしいと思います。その他、ぐるりんパスにも廃止される券種があるようです。

定期乗車券
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%9A%E6%9C%9F%E4%B9%97%E8%BB%8A%E5%88%B8
 
 

(無題)

 投稿者:Y.K.  投稿日:2019年 3月14日(木)23時38分41秒
返信・引用 編集済
  今度は自分が連続です。

JTBの時刻表を見たついでに、同社の店舗は大阪市内にどの程度あるのか調べたところ15店舗あるようです。時刻表に掲載されている以外にも店舗はあります(直営店とそうでない店の違い?)。JR券を扱う他の旅行会社の店舗も全て合わせれば、大阪市内には相当数の店があるはずです。

ネットが関係したシステムのうちJR西日本のe5489は、クレジットカードなしでも使えますから間口が広いです。乗車前までに乗車券類を任意の駅に取りに行く必要がありますが、早めに座席を確保したい場合などは有効かと思います。

みどりの券売機がガラガラなのは見掛けますね。仕事でご一緒した方が、例によってICOCAなどを持っていないために、自分がみどりの券売機を操作して天王寺までの普通乗車券を買いました。「てんの」くらいまで打ち込んだら、常磐線の天王台など候補が出てきました。たまにこの券売機で近距離切符を買うのも楽しいですw
 

(無題)

 投稿者:Y.K.  投稿日:2019年 3月14日(木)22時51分45秒
返信・引用
  JR東西線ファンさん

今月号のJTBの時刻表の巻頭にある路線図では、旅客列車が常時走る貨物線のうち、旅客線とは離れて走る区間に付いても記載があります。関西では梅田貨物線のうち、淀川の南岸から福島に掛けて記載があります。

関東では現在の東海道貨物線の東戸塚~鶴見、武蔵野線の非旅客区間、国立支線、武蔵野線~東北本線与野への連絡線、武蔵野線と常磐線の連絡線のうち南流山~北小金間、湘南新宿ラインが走る西大井~大崎、駒込~上中里付近の連絡線が記載されています。

品鶴線と鶴見~大船の貨物線は1980年のダイヤ改正で横須賀線の走行路になり、その代わりに現在の東海道貨物線が作られたり、或いは品鶴線~山手貨物線を迂回するために武蔵野線が作られましたね。

仰るように、阪和貨物線は残しておけば有効活用できたと思いますし(昔々は気動車の「あすか」も走ったかと)、北方貨物線も新大阪という立地であるにも関わらず、今運転されているのは貨物列車か回送ばっかりで勿体ない気もします。

神戸や兵庫の貨物線も実体験として見ています。神戸臨港線は昔は各突堤まで乗り入れていました。あと京阪神の東海道本線では旅客線に並行する形で企業の工場に繋がる専用線が存在し、ビール工場の出荷口に有蓋車が横付けされていると思われる光景を見たことがあります。

京橋付近の過去の配線はコチラのページの右側にある図をご覧頂けると有り難いです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B7%80%E5%B7%9D%E8%B2%A8%E7%89%A9%E7%B7%9A

人間はそんなに遠い将来まで見通せないですから、その当時の情勢で「不要」と判断されても、時代が変わればまた見直されることだってあると思います。路面電車が見直されているのは良い例です。JR西日本では可部線の廃線区間が少しだけですが復活しました。

※先ほどの新たな書き込みに関しましては、また後ほどレスしますね。
偶然時間が接近してしまいました。
 

(無題)

 投稿者:Y.K.  投稿日:2019年 3月14日(木)22時49分59秒
返信・引用
  自分は在来線の特急は18年ほど乗っておらず(気が付いたらそんなに経ってしまいました)、新幹線は始発駅の新大阪と東京ばかりで乗車しているし、列車も次々にやって来るので自由席が多いですね。子供時代に親と旅行で出掛けていた時代は指定席を取っていましたが、仕事や用事だと「行動上、どの列車に乗れるかわからない」ためにそうしていますね。

自分の仕事上の知り合いの人は、鉄道趣味人ではないと思いますが、京都~大阪(市内)の移動は混雑する新快速を避けて「サンダーバード」や「はるか」の自由席を使うという方もいます。以前から首都圏の普通・快速のグリーンのような形で、特急の自由席を使う人もいるように感じています。50kmまでの首都圏グリーンの平日事前料金は770円なのに対し、50kmまでのJR西日本のB特急料金は650円です。

東京から新幹線で新大阪まで帰って来てその後で天王寺に行くのなら、予め特急券の乗り継ぎ割引を生かして、320円だけ払って「はるか」や「くろしお」に乗るのも良いかも知れません。
 

Re: (無題)

 投稿者:JR東西線ファン  投稿日:2019年 3月14日(木)22時46分15秒
返信・引用
  > No.232[元記事へ]

>「新幹線の指定席を取るのが面倒」と言っていた人
>新幹線の乗車券や特急券は、大阪府内だと新大阪でしか買えない

連続投稿失礼いたします。

関西在住者で、それも、仕事で度々「出張」するような人や、各観光地へ「温泉旅行」や「観光旅行」それに「TDL」などへ度々出かけているような人でも、「新幹線」や「在来線特急」の乗車券+特急券(や「トクトクきっぷ」)は、大阪駅・新大阪駅(+京都駅・三ノ宮駅・天王寺駅ぐらいの拠点駅)のみでしか買えない、と思っている人、結構多いですよね~。

関西の私鉄沿線在住者なら、100歩、いや、1億歩くらい譲って、仕方がないと思いますが、、、。

・京阪ユーザー=JR京橋駅

・近鉄「本線系」ユーザー=JR鶴橋駅・JR難波駅

・近鉄南大阪線系ユーザー=JR天王寺駅

・南海ユーザー=JR新今宮駅・JR難波駅・JR三国ヶ丘駅 他

などの、JR接続駅に、通勤途中でも立ち寄れば、簡単・簡便に「JR特急券」や「トクトクきっぷ」を買えるのに、わざわざ、大阪駅・新大阪駅なんかに出向いて、購入してますよね。

特に、大阪駅・新大阪駅が通勤経路上無関係な駅(例:近鉄生駒駅→(難波乗り換え)→四ツ橋・心斎橋・本町・淀屋橋界隈が通勤経路)なのに、「数日後、東京への出張が決まった。」とか「週末、家族でTDLへ行く。」と言うことになると、「昼休みの時間中」や「終業後」に、わざわざ地下鉄運賃を使って、大阪駅・新大阪駅まで出かけて、きっぷを買ってますよね。

阪急・阪神ユーザーであれば、たいてい、自宅の至近にJRの「みどりの窓口」駅が有るはずなのに、大阪・新大阪でしか、特急券を買えない、と思い込んでいるヤカラが多いですね。

それこそ、管理人様もおっしゃっていられた、大阪市内中心部であれば、チョット探せば、至近に「旅行会社」の窓口も有るでしょうに、こう言う「鉄道」のことになると「立ち居振る舞い」や「思考回路」が「非効率」な人って居ますね。

冒頭で申しましたように、私鉄利用者は、仕方がない部分も多いですが、、、。

「JR利用者」でも、新幹線・在来線の「特急券」や「企画乗車券(トクトクきっぷ)」等は、大阪・新大阪駅でしか買えないと思っている人が多いことに驚かされます。

茨木・高槻・芦屋と言った、「みどりの窓口」が多く活用されているような駅の利用者でも、意外と、その駅で、「新幹線のきっぷ」が買えることを知らないヤカラが少なくなかったり、「アーバンネット近郊の小駅」では、「みどりの窓口」の存在自体に気付かれていない(意識されていない)と言う状況が散見されます。

自宅の最寄り駅(地元駅)の「アーバンネット近郊の小駅」で「みどりの窓口」の存在は知っていると言う人でも、地元駅の「みどりの窓口」では、、、、。

*「定期券ぐらいしか買えない。」

*「一般の近距離きっぷで買えるエリア外のチョット外側程度のきっぷしか売ってくれない。」

*地元駅でも「特急券」は買えるのかもしれないが、大阪駅・新大阪駅で買った方が、「取りやすそう。」「座席の希望を聞いてくれそう。」

*そもそも、「新幹線のきっぷ=新大阪駅」「サンダーバードのきっぷ=大阪駅」のように、特急列車に乗ろうとする駅でしか、特急券を買えない。

などと、しょーもない誤解をしているヤツが多いようです。

なので、やっぱし、誤解しているヤカラが多いのか?、「近郊の小駅」では、ひつこいくらいに「新幹線のきっぷは当駅で!。」とPRするポスターを貼って有ったりしますよね。

いずれにせよ、大阪駅・新大阪駅の「みどりの窓口」での長蛇の列(そして、例によって、「みどりの券売機」はガラガラ)を見かけるたびに、「もうちょっと、アタマを使おうよ~。。。」と言いたくなりますね。
 

Re: (無題)

 投稿者:JR東西線ファン  投稿日:2019年 3月13日(水)07時27分47秒
返信・引用
  > No.229[元記事へ]

>「新幹線の指定席を取るのが面倒」と言っていた人
>新幹線の乗車券や特急券は、大阪府内だと新大阪でしか買えない

確かに「指定席を取るのが面倒」で、出張や観光旅行で、新幹線に限らず、在来線特急でも「自由席」を主体的に乗ってる人って、結構多数存在するようですね。

もちろん、「指定席」が満席で取れなかった、とか、「特急の短距離利用」(事前に窓口・券売機で自由席特急券を買った上)での「飛び乗り」や、行動上、どの列車に乗れるかわからなくて、とりあえず、自由席を事前に買っている(自由席に乗っている)であれば、仕方がないと思うのですが。。。

*そもそも、時間に縛られたくない。「指定された列車に乗れ!」「指定された座席に座れ!」と「JRサイド」からの「指示・指図」に従いたくない。

*自由席であれば、混雑していても、2人席を占領して、隣に荷物を置いて、他人が隣に座られるのをブロックする。

*在来線特急自由席は、窓口に並ばなくても、無券のまま飛び乗って、車掌から買った方が楽。(もし、検札に来なかったら、特急料金を支払わないまま「儲けモノ」程度に思っている。)

と言う、実にバカげた「自己チュー」な理由で、「自由席」主体で行動するヤカラも多いですね。

実際、ヤフーニュースで、「新幹線・特急指定席のおトクなきっぷが発売される。(or廃止される)」とか「新たな指定席Web予約システムが導入される。(orシステムが変更・拡大される)」などのようなニュースが流れると、そのコメント欄で、上記3つの理由などから、あたかも「自由席主体で行動する、私って、カシコイ人間だ!。」と言わんばかりのコメントが散見されますよね。

自由席に意地でも座りたい為に、乗りたい列車の1~2時間前から列に並んでいる(列の先頭で待っている)ようなヤツや、逆に、「列に並ぶ」とか「座席に座る」と言うこと自体、「無頓着・無関心」で、とりあえず、来た列車に(事前に特急券を買おうが、買わまいが)飛び乗っている、あるいは、自由席待ちの長蛇の列で、「明らかに、座れないやろう。」と思えるような、長蛇の列の後方に、平気で並んでいる、と言うようなヤカラが、あてはまりますね。

案の定、長蛇の列の後方から乗って、座席にありつけず、デッキに立っている(べつに、いつものことのように平気な雰囲気の態度)、または、最悪の場合、充分「自由席」でも座れるのに、デッキで突っ立っている(または、デッキの地べたにへたり込んでいる)ようなヤツが、典型例です。

例えば、「くろしお」「サンダーバード」「こうのとり」「スーパーはくと」なんかで、大阪・新大阪から乗って、充分「自由席」でもすいているのに、ほぼ「終着駅」くらいまで、長距離、デッキで立ったまま(or地べたにへたりこんでいる)と言う光景を見かけますよね。

「デッキの方が、落ち着く。」のかもしれませんが、ホント、自由席に座ろうが、デッキで立とうが、「自由席主体」で行動するヤツって、「行動の自己管理が出来ない」「自分の時間管理が出来ない」「しょーもない、自己チューなプライドを振りかざしているんだな。」と言うのが垣間見えて、滑稽ですね。
 

Re: (無題)

 投稿者:JR東西線ファン  投稿日:2019年 3月13日(水)05時57分33秒
返信・引用
  尼崎港線も「今も残っていておかしくない路線」の一つですよね。

今も残しておけば、「和田岬線」や、関東の「鶴見線・南武支線」のような、尼崎沿岸地区の工場への通勤路線となっていたでしょうし、歩けば遠いJR尼崎(塚口)~阪神尼崎or大物の連絡線的性格や、逆に、工場街が再開発されて、ウォーターフロント「商業施設・ニュータウン」へのアクセス線になっていたことでしょうね。

他にも、「旧高砂線」や「神戸港貨物線」も、残しておけば、同じような意味合いの路線になったでしょうし、「大阪港貨物線(臨港線)」なんかは、ちょうど「大阪万博」も決まり、その後のウォーターフロント開発での「ゆめ咲線延伸線」ともリンクさせて、「JR湾岸線」として活用できたことでしょう。

「梅小路短絡線」も廃止されて、もったいないなぁ~、と思いました。

かつて、各地への行楽臨時快速「ホリデー号」が華やかかりし頃、京都駅不停車で、JR京都線~嵯峨野線を直通していた「ホリデー号」が、この「梅小路短絡線」を通っていましたね。

それも、当時の201系・205系で運行される「変わり種列車」だったのが、良い思い出です。

その嵯峨野線直通「ホリデー号」は、京都不停車がネックとなって、短命に終わった(間もなく、京都駅に停車しスイッチバック形式になった)が、個人的には、JR京都線~嵯峨野線「梅小路短絡線」経由直通列車の定期化への「試験運行」も兼ねていたと思っておりましたが、亀岡(園部)発「梅小路短絡線」経由大阪行き「直通快速」(通勤快速)的な列車も見たかったような気がします。

「京橋デルタ線」も残しておけば、今頃、学研都市線⇔大阪駅の直通列車が走って、「京橋・片町」側よりも、こちらの方が「本線」的な扱いになっていたでしょうね。

そうなると、現在の「JR東西線」が造られていたか?、ビミョーなトコロなので、「痛しかゆし」な部分ですが、現在とは、また違った風景が見られたことだと思います。
 

Re: (無題)

 投稿者:JR東西線ファン  投稿日:2019年 3月12日(火)21時48分31秒
返信・引用 編集済
  > No.228[元記事へ]

こんばんは。

丁寧なご返信をいただき、誠にありがとうございます。

「なるほど!、なるほど!。」と興味深く拝読させていただきました。

>かつては阪和貨物線も含めた計画でしたが、同線は廃線になってしまいました。
>いくらでも活用できた路線だと思います。
>西大路~丹波口に掛けての連絡線が廃止になってしまいました。
>城東貨物線でも巽信号所はデルタ線になっていた。
>昔は北方貨物線も含めた計画でした。
>尼崎港線を写したものもあります。ここも神奈川県の南武支線のような形で残す。

本当に「阪和貨物線」の廃止は、残念でしたね。

もしかすると、「おおさか東線」が、あと20年程度、開業が早かったら、阪和貨物線込みで「おおさか東線」化されていたかもしれませんね。

北方貨物線ともリンクさせて、まさに「大阪メガループ」と言うか「関西版・武蔵野線」的な位置付けの路線に出来なかったものか!?、と思いますね。

大阪環状線がストップした時の良い「迂回ルート」(杉本町~久宝寺~放出~新大阪~大阪)になったと思いますし、関空発~奈良経由~京都行き特急なんかも運行出来ていたでしょうし、いろいろとやり方は有ったろうにと思います。

今後、「おおさか東線」が開業し、「うめきた新駅・なにわ筋線」「阪急なにわ筋・新大阪連絡線」「北陸新幹線」「リニア」「長崎新幹線」「北急延伸線」などの開業を控え、新大阪駅界隈の拠点性が高まってくると、北方貨物線の旅客化?、なんて言う話が出てくる可能性もなきにしもあらずかもしれませんね。

北方貨物線を旅客化すると、「関西版・品鶴貨物線(横須賀線・湘南新宿ライン)」のような、何かと有用な路線になると思うんですがねぇ~。
 

(無題)

 投稿者:Y.K.  投稿日:2019年 3月 8日(金)20時05分38秒
返信・引用 編集済
  もっと言うと、昔は北方貨物線も含めた計画でした。北方貨物線は今もありますし、やろうと思えばおおさか東線と接続したり旅客化もできるのではと思います。

余談ですが、私の家にあるスライドには尼崎港線を写したものもあります。ここも神奈川県の南武支線のような形で残すことは出来なかったものかと思っています。川崎と尼崎はラインカラーが黄色い線と青い線が接続し、湘南色の快速が停まるという共通点のある駅です。そして前者は東方向から見ると神奈川県最初の駅、後者は兵庫県最初の駅です。更に両者とも少し離れた場所に同名の私鉄駅があります。

この掲示板のネタ的には、最近「新幹線の指定席を取るのが面倒」と言っていた人に「スマートEX」の見開きのチラシ(JR西版)を渡してきました。他にも新幹線を便利に利用する手段(例:EX予約など)や各種の案内の紙媒体(例:中条さんが表紙のものなど)はありますが、あまりあれやこれやと言っても混乱するだけですので、それだけをお渡ししました。

同システムは便利かと思いますが、新幹線と在来線の運賃は完全に別々となり通算されず、市内や都区内の制度も適用されないため、利用区間によっては出費が増えるなど注意しなければならない点もあるので、そこだけは把握してもらいたいと思っています。

新幹線の乗車券や特急券は、大阪府内だと新大阪でしか買えないと思っている人もいるようですが、みどりの窓口orみどりの券売機さえあれば「指定席」も買えますし、そこらの旅行会社でも買えます。新幹線停車駅(市内・都区内各駅)までの乗車券や「自由席」特急券あれば近距離券売機でも可能です。せっかくある便利な設備が有効に活用されていないようで残念です。JR西日本はみどりの窓口を大幅に減らすようですが、みんながちゃんと利用していれば、こんなことにならなかったのではと思っています。やはり窓口でないと対応が困難な券種もありますから、再考をお願いしたいところです。
 

(無題)

 投稿者:Y.K.  投稿日:2019年 3月 8日(金)19時23分50秒
返信・引用 編集済
  >JR東西線ファンさん

自分の書き込みも1年以上ぶりですが、落書きなどがないよう日々見に来ています。
何かを書こうにも思いつかず、長期間放置してしまいました。申し訳ないです。

城東貨物線の旅客化に関しては大昔から言われていましたので、苦節何十年ということになりますね。私は同線の地元ではありませんが、比較的至近なので赤川の鉄橋を徒歩や自転車で通ったこともありますし、最近では201系が試運転しているのも見ています。ようやくあの場所に旅客列車が通るのかと思うと非常に感慨深いです。

かつては阪和貨物線も含めた計画でしたが、同線は廃線になってしまいました。いくらでも活用できた路線だと思いますので、存続してもらいたかったです。大阪市内では境川信号所から分岐した臨港線や、野田から分岐した大阪市場への貨物線やレンゴーの工場に行っていた専用線なども廃止になってしまいましたが、今も残っていたらなあと思う次第です。各々、廃線跡を見に行っています。また梅小路に駅が出来るのは良いことですが、それと引き換えにと言いますか、西大路~丹波口に掛けての連絡線(デルタ線を構成する線の1つ)が廃止になってしまいました。構造物自体は1年ほど前に見た段階では残っていました。

城東貨物線でも巽信号所はデルタ線になっていて、吹田方面からも龍華方面からも、旧淀川駅(貨物)や旧淀川電車区に入れるようになっていました。今でも京阪に乗ると線路は外されたものの、このデルタ線がハッキリ分かる形で残存しているのが確認できます。国道1号に沿った線路跡は公園になっているかと思います。国道1号上ではかつては大阪市電と交差しており、狭軌と標準軌の線路が斜めにクロスしていました。

環状線京橋駅北側に途切れた線路がありますが、切られる前は上記の淀川駅や淀川電車区に通じていて、それらを介して環状線と片町線は連絡できるようになっていました。しかし、この線路がなくなったので、環状線と片町線で車両を融通する場合は大回りを余儀なくされるようになりましたね。

神崎川は既設の鉄橋とは別に至近距離で橋が架けられたので意外に思いましたが、カーブその他を勘案するとやむを得なかったのでしょう。なんだが鉄道模型のような光景に見えました。
 

おおさか東線

 投稿者:JR東西線ファン  投稿日:2019年 3月 7日(木)16時58分10秒
返信・引用
  こんにちは。ご無沙汰しておりまして、申し訳ございません。

待ちに待った「おおさか東線」全線開通が、あと約一週間ほどに迫ってまいりました。

「梅小路京都西」駅開業も含めて、「JR新線・新駅ウオッチャー」の人間としたら、大変感慨深いものがございます。

「おおさか東線」開業を前にして、、、。

☆運行形態が決まった。

☆新線部分の新駅が完成した「報道公開」。

☆試運転の模様の「報道公開」。

☆新駅の一般公開(内覧会)。

などが、各関西ローカル報道番組で、流れていましたが、その中で「鉄道空白区」と言われていた、「南吹田」「城北公園通」駅の周辺住民にインタビューしていたのを見ると、おおむね好評のようで、「おおさか東線」開業に対する「期待の大きさ」や「理解の深さ」がうかがえるようです。

つづく。
 

ことでん&広島

 投稿者:Y.K.  投稿日:2018年 3月 2日(金)18時53分24秒
返信・引用
  長い間、不在にしまして申し訳ございません。

みなさんご承知の通り、明日から高松琴平電気鉄道の琴平線、長尾線、志度線で全国10種類のICカードが利用できるようになります。バスでは利用不可です。また広島のPASPYエリアではこれまでのICOCAに加えて、残る9種類の全国カードも利用できるようになります。
 

ICカードかざさず通過 ゲートのない改札口 鉄道新技術(三菱電機)

 投稿者:Y.K.  投稿日:2017年11月21日(火)07時58分41秒
返信・引用 編集済
  昨夜23時台などのNHKのニュースでやっていたので、リンクしておきます。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171120/k10011229651000.html?utm_int=all_side_ranking-access_005
このアドレスは数日で無効になるかと思われます。

2013年 7月 7日(日)14時05分53秒にもこの掲示板において、タッチの必要がないIC改札が開発されていて、専用のケースにICカードを入れれば通過できるという投稿をしましたが(下記アドレス参照)、昨夜紹介されていた機種も専用のケースにICカードを入れる必要があるようです。

都会の駅においては今後もゲート(開閉するドアなど)は必要だと思います。改札の内にいる人と外にいる人がゴッチャになってしまいますし、不正乗車対策の面からも物理的な仕切りは必要になってくると思います。
http://8253.teacup.com/additional/bbs/102
 

ICOCAエリア大きく拡大へ

 投稿者:Y.K.  投稿日:2017年10月20日(金)07時24分51秒
返信・引用
  JR西日本の公式HPや「鉄道ファン」のHPによりますと、現在は跨がっての利用が出来ない関西~中国地方などの利用が、来夏から出来るようになります。ただし、大阪近郊区間内のみの利用などを除くと、利用できる距離が200キロ以下に制限されるようです。

関西~山陽方面への鉄道での移動は新幹線が主流でしょうし、実際のところは岡山~兵庫の現在は途切れている区間を跨がって利用する人々が最も恩恵を受けるのかもしれません。

サンダーバードが走る大阪~金沢は267.6kmで200キロを超えていますが、特急停車駅相互間ということで利用できるのだと思います。新大阪や京都~金沢も200キロを超えています。

http://www.westjr.co.jp/press/article/2017/10/page_11308.html
 

(無題)

 投稿者:Y.K.  投稿日:2017年10月14日(土)09時52分58秒
返信・引用
  各社のHPによりますと、来年2月1日以降のカードの取り扱いが確定しましたね。
私のような利用をしている場合は、阪急系4社以外のカードも急いで使う必要はなさそうです。
それだけでなく金券屋さんで4社以外のカードの発売が続いているのであれば、買っておきたいくらいです。
 

滋賀:八幡山ロープウェイ

 投稿者:Y.K.  投稿日:2017年 8月24日(木)07時22分16秒
返信・引用
  もう2年も前からPiTaPaを除く9種類の全国相互利用カードが、
電子マネー扱いで使えるようになっているそうです。
http://www.ohmitetudo.co.jp/hachimanyama/info/koutuukeimoney/index.html/

↑でロゴマークの並び方を見ると、PASMOを導入する
西武の傘下企業であるということが伝わってきます。
 

QRコード買い物サービス拡大 スマホで読み取るだけで支払い

 投稿者:Y.K.  投稿日:2017年 8月18日(金)08時23分46秒
返信・引用 編集済
  昨夜の19時と23時台のNHKのニュースでやっていたので、リンクしておきます
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170817/k10011102341000.html?utm_int=news_contents_news-movie_003&movie=true
このアドレスは数日で無効になるかと思われます。

QRコードやバーコードとして画面に表示されるクレジットカード情報を店員さんがスキャナで読み取ったり、
利用者がQRを読み込むことで画面に表示される「これで支払いをする」という(趣旨の)表示を押したりと
方法は色々あるようです。

番組内ではローソンでの支払いも紹介されていましたので、ローソンのページにもリンクしておきます。
http://www.lawson.co.jp/service/payment/settlement/
「バーコード決済」が新たな決済方法として紹介されています。

既存のICカードや磁気カードなどによる決済に加えて、QRやバーコードの決済が何処まで食い込んで来るか、
一方が淘汰されるのか、共存共栄するのか気になるところです。
 

TOICAエリア拡大

 投稿者:Y.K.  投稿日:2017年 7月26日(水)07時16分25秒
返信・引用 編集済
  会社のリリースに書かれているほか、本日付けの新聞にも出ています(再来年春の予定)。
http://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000034520.pdf

各々既存エリアから東海道線は醒ケ井まで、関西線は亀山まで、御殿場線は下曽我まで拡大し、更に愛知環状鉄道でも利用できるようになります。滋賀県や神奈川県にもエリアが広がるということです。

醒ケ井と下曽我は函南のような格好になってしまいました。一方で亀山はJR東海管理駅であり、JR西日本のICOCAエリアから外れていることもあってか、TOICAエリアに含まれたのだと思います。伊勢湾岸では近鉄に関しては全区間に渡ってICカードが使えるのに対し、JR東海では四日市までしか利用できませんでした。御殿場線では松田・新松田経由で小田急とのIC連絡定期券が出るか注目しています。

※スルッとエリアを除く三重、愛知県内の近鉄線で磁気自動改札機が設置されている駅
名古屋線:桃園を除く全駅
湯の山線:近鉄四日市~菰野
鈴  鹿  線 :伊勢若松、鈴鹿市、平田町
山田・鳥羽・志摩線:伊勢中川、松阪、伊勢市、宇治山田、五十鈴川、鳥羽、鵜方、賢島
(その他の駅はIC読取機で対応)
 

和歌山市駅分離へ

 投稿者:Y.K.  投稿日:2017年 7月 8日(土)08時17分38秒
返信・引用 編集済
  表題の件、1週間後の7月15日(土)に実行されます
http://www.nankai.co.jp/library/company/news/pdf/170608_2.pdf

そうなると、現在は南海和歌山市駅で購入できるJR区間のみの乗車券も購入できなくなると思われます。
増税前の2013年に訪れた時は、1280円区間まで買えたように記憶しています。
既に三国ヶ丘駅も分離されているため、南海でJR区間のみの乗車券は購入出来なくなる可能性があります。
なお、高野線と和歌山線の交点である橋本駅も数年前に別々の改札になりました。

これと同時にICOCAなどのICカードがJR紀勢本線:和歌山市~和歌山 間で利用できるようになります。
 

淡路交通

 投稿者:Y.K.  投稿日:2017年 5月16日(火)16時38分55秒
返信・引用
  スルッとKANSAIの公式HPに淡路交通が加筆されています。
何れPiTaPaやICOCA、その他のカードが使えるようになると思われます。
 

レンタル掲示板
/11