teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


DIONYSUS

 投稿者:dusty-trail  投稿日:2002年 4月21日(日)22時52分9秒
  のHPの移動先が判明しました。
http://www.dionysus-metal.net/index2.htm
です。

そこで聴ける“PARADISE LAND”というデモ曲はあらきださんの予感的中の悶絶様式美ですよ(^o^)。
 
 

Driver・・・

 投稿者:石川  投稿日:2002年 4月19日(金)08時31分52秒
  >あらきださん
Driver 聞いたことがないのでわからないです・・・
というか、当日もring of fire聞いたことなかったので
イングヴェイの曲とかしかわからなかったです。

トニーはもともとピアノ専門で、息抜き程度にギターを
はじめたってのは聞いたことがあります。
たしか、バーンで昔はやびきギター特集みたいのをやった
時に、読んだかな・・
 

Release DataをUPしました

 投稿者:あらきだメール  投稿日:2002年 4月18日(木)23時52分59秒
  こんばんは,あらきだです.

実は暫く前にPer Stadin氏から銀嶺のリリースデータを頂いていたのですが,
今回webにUPしてみました.それをみると結構色んな国でリリースされて
いたのが分かりますね.あと面白い点としては,CDがリリースされていないのにも
拘わらず,韓国版のBestがあったり(笑),韓国のコンピに入っていたり
する点ですね.

それからTopの写真も変えてみました(^o^)

>dusty-trailさん

'85年の日本公演の大阪でのライブは,かなりミュージシャン連中が
来ていたという話です.当時大阪は日本のハードロックのメッカと
いわれるくらいに沢山のバンドが活動していましたし.

ううう,Nation ...無念 ...(T.T)
しかし,Johnny Ohlenがまだ活動しているのは吉報です(^_^)
メンバーから察するに,バリバリの様式美をやってくれそうな予感(^^)
いやぁ~,楽しみです.

>石川さん

かかかかっ,どうも,管理人が怠慢で ...(T^T)

Macalpineは確か元々はピアノを専門にやっていて,なにかの切っ掛けで
ギターを始めたんでしたっけかね?ギターもとんでもなく上手いですが
アルバムで時より披露するピアノもぶったまげますよね~~(^^;
やっぱり出来る人間はなにをやっても出来るっていうことなんでせうか?

そういれば,確かMacalpineはRob RockとかとDriverとかいうバンド
やってましたよね?その辺の曲はやったんでしょうか?
 

ひさしぶりです。

 投稿者:石川  投稿日:2002年 4月18日(木)08時41分7秒
  いつのまにか掲示板に活気がでてきて、びっくり。
また書きます。

トニーのギターは全く衰えを見せていませんでした。
完璧です!全くスタイルも変わっていません。
超絶な速さのフィンガリング、ピッキング、
ライトハンド、スィープピッキング。

ネオクラシカルファンなら見てそんはないライヴだった。
しかし・・ 7000円はやはり高いよ・・・ ワンマン2時間だし。
もう1バンドつくとか、あるいは5500くらいにしてくれ・・・
だから、客も少なかった。b!にもでてたけど、5割ほどの入り。
 

速攻レス

 投稿者:dusty-trail  投稿日:2002年 4月17日(水)00時46分59秒
  ありがとうございます。な~るほど、そういう訳だったのですね。
Anthorogy ⅢのDISKⅠの大阪ライブはその日比谷から2日後となっていますが、確かに演奏はボロボロですね。特にDrとVoはちょっと…(--;)。お世辞にもプロの演奏とは言えませんが、もしも当時生で観ることができたら演奏よりも感激の方が勝ってしまったでしょうね。哀しきかなファン心理。
DISK ⅡはそのDrとVoも交替したせいか全然いいですね。

ところで質問にレス頂いたので、こちらからもレスします。
NATIONですが、どうやら現在は活動していないようです。そのギタリストとベーシストがDIONYSUSという新バンドで今年の夏頃にデビューする予定で、Voはラプソディのギタリストのソロアルバムで歌っていた人で、KeyはSTORMWINDのメンバーのようです。
www.dionysus.power-metal.com/
で情報を公開していましたが、サーバー移転かなにかで現在表示されません。
そこでデモを公開していたのですが、Johnnyのギターは相変わらずでしたので、デビューアルバムは期待を裏切らない内容になるでしょう。
銀嶺ファンサイトで他のバンドの話題を持ち込んで大変失礼しました。
決して荒らしではありませんので悪しからず(^^;)。
 

銀嶺や、ああ銀嶺や、銀嶺や(笑)

 投稿者:あらきだメール  投稿日:2002年 4月16日(火)23時42分23秒
  というわけで、一句詠んでみましたがどーでしょ?(笑)

>( ̄[] ̄;)おお~っ!!さん

あららら、だいぶ速い時期からここをbookmarkしてくださっていたようで
本当に嬉しい限です(^_^)。銀嶺のHPは大学院の修士のあたりからちょっと
づつ作っていたんですが ...やっぱり時々検索したりしますが ...ないですね~
銀嶺関連 ...(^^;。ここは銀嶺を何かのときにでも再認識してもらえる切っ掛けにでも
なれば、という思いと、データベース的にできるだけの情報をまとめておきたいという
思いでやっています。ん~、更新はやはりJonasの創作ペースに依存しますので(笑)、
あせらずのんびりと、けど、着実にと思っておりますので、今後ともよろしく
お願いいたしますm(._.)m。

そうそう、またSwedish Metal Aidネタですが、Christer Mentzerも
写真に映っているはずです。確かクレジット的にはMentzerグループだった筈です。

>dusty-trail さん

日比谷ですが、LP板はJonasのかなりのGuitarパートとVoが差し替えられています。
あと、聴いていてあまり気づきませんが、BassやDrumsも若干手がいれられているとの
事です。JonasのGとVoはあからさまにちがいます。収録されてる曲は同じですが。
たぶん、LP板で幾ど手がはいっていないのは、Handled Roughlyと
Walking In The Shadowくらいです。Shakin' Brainsはイントロがちょっと
カットされていますね。あと、アルバム未収録のMeaninglessという曲を来日時に
披露しています。もちろんLive版に収録されています。

しかし、YGのコメントは、北欧マニアの琴線を刺戟しまくりますな~(;_;)
けど、85年の日比谷は彼らの85年初のライブ(T_T)だったらしく、演奏や
パフォーマンスは本当にボロボロだったようです。当時のBurrn!のインタビューでも
メンバー自身が語っていましたし ...

でも、銀嶺の来日は、Yngwieを除いた北欧のアーティストでは初来日だったのですよね。
EuropeやPretty MaidsやMadisonやTNTよりも早いんですよね(^^)。

>日比谷ネタなど ...

初来日の時のBurrn!のインタビューではKeyのMats Olaussonは正式メンバー
扱いで、JonasもこれからはMatsと曲を書くことになると思うと言っていたのですが
Liveがでてみると、Guest扱いになってましたね。ん~、メンバーチェンジが多い
バンドでしたけど、やっぱりウマが合わなかったのでしょうかね?
それから、Christer Mentzerも自分のソロをレコーディングする契約があると
いっていまして、それは多分前記したMentzerグループからNorden Lightとして
リリースされたアルバムがありますから、それのことだったのでしょう ...

そのNorden Lightといえば、YngwieのEclipseでドラムを叩いていた
Michael Knorringのいたバンドでもありますね。銀嶺を中心に
ファミリーツリーを作ってみると面白いかも、と思っていたりする今日この頃です(笑)
 

卒業おめでとうございます

 投稿者:dusty-trail  投稿日:2002年 4月15日(月)23時54分38秒
  レスをいただきビックリしたとともに喜んでおります。
レスを頂いたので調子に乗って質問します。よろしければまたレス下さい。
シルマン(って略称あったんですね!)の日比谷ライブについてですが、LP版とCD版はどう違うのですか?カキコを読むと、LP版は手直しが施されていてCD版はされていないようですが、そういうことでしょうか?僕は両方とも聴いた事がないです。
余談ですが、以前古本屋でかなり昔のヤングギター誌が売られていたのでなにげにページをパラパラめくると、その日比谷ライブのレポートが載っていたので買いました。
内容は、“北欧独特の伝統様式の傘に埋もれた冷たい旋律、物悲しさと美しさを交互に創り上げるコード進行、そしてクラシック・ミュージックに強くインスパイアされたギターのソロワークは、日比谷野外音楽堂をすっぽりと包み込んだ秋の夜空にこだました。”等々、北欧マニアを刺激する文面でしたが、パフォーマンスについては決してベストではなかったとも書かれてありました。
ちなみに僕も管理人さんと同世代のため当時をリアルタイムで知りません(ToT)。
 

管理人さんへの挨拶など…

 投稿者:∑( ̄[] ̄;)おお~っ!!  投稿日:2002年 4月15日(月)06時03分34秒
  数年前ネットへ初めてつないだ時に、このページをブックマークしました。それはそれは驚きました・・・日本で1人じゃなかったんだと。(笑 さてさてAnthologyと言えば未だに本家DEEP PURPLEを聞かず、勝手にAnthology1_Disc2をオリジナルと位置付けていたりします。
( ̄ー+ ̄) 最近は少し浮気をして
ttp://www.universal-music.co.jp/classics/bond/music.htm

なども聞いています。音楽に求めているものは今も昔も変わりませんね。では、これからもまったりとよろしくお願いします。PS:'79年の1/1000枚は押入れで寝ています。(笑
 

ああっ

 投稿者:あらきだメール  投稿日:2002年 4月14日(日)23時00分34秒
  Bjo:rn +odin > Bjo:rn Lodinです(汗)  

SWEDISH METAL AID

 投稿者:あらきだメール  投稿日:2002年 4月14日(日)22時54分13秒
  Give a Helpin' handですが、今北欧メタル大事典を見てみたところ
曲がEasy ActionとTreatで、シンガーは以下のメンバーです。

Joey Tempest (Europe)
Robert Ernlund (Treat)
Bjo:rn +odin (当時 Six Feet Under)
Malin Ekholm (Aphrodite)
Tommy Nilsson (当時 Easy Action)
Joakim Lundholm (220Volt)

ご参考までに ...
 

レンタル掲示板
/12