teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 画像掲示板を移転しました(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:356/1024 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

沖縄の旅その1

 投稿者:山本0号  投稿日:2019年 1月10日(木)19時55分2秒
  通報 返信・引用
  皆さんお元気ですか?私は6日から9日まで愚妻と2人で沖縄に行ってきました。
1日目は那覇空港からホテルまでの途中に有る嘉手納基地を見に行きましたが、安いツアーで伊丹発が午後便なので沖縄でレンタカーを借りた時は4時半過ぎでした。結果、基地の見える道の駅の展望台に着いた時は真っ暗で何も見えませんでした。双眼鏡も無かったので大失敗です。
と言う事でそのままホテルに行き7時過ぎから「バイキングの夕食」を頂いて寝ました。その前に愚妻の買っていた時代劇小説が面白いのでかなり読みふけりました。
2日目は北へ向かい、今回の旅の目的である「辺野古埋め立て反対の座り込みに参加する」予定でしたが、情報収集・準備不足で車を止めるところがわからない!現地の事をもう少し調べて行けばよかったのですが?キャンプシュワブ前の抗議行動が終わった時にゲート前に着いたり、交流会の様子を見たりしましたが現地の人とコミュニケーションが取れず具体的に参加は出来ませんでした。テレビで見た通りでゲート前は機動隊と直立不動の20人以上のガードマンたちで固められており埋め立てに反対する人はその手前で声を上げていました。
それなら新たに出来た東村のオスプレイ用のリパッドを見に行こうとしました。しかし、これも一般道しか無く遠くて無理!それでも途中で辺野古の裏から綺麗な海を見ると埋め立てられるところには沢山のクレーンが立っており「工事が進んでいる」のを感じました。
と言う事で更に北上し海洋博覧会が行われた「沖縄美(ちゅ)ら海水族館」に行くことにしました。途中の国道には辺野古埋め立てのための土砂を船積みするため近くの山を切り崩して作った土砂を満載したダンプカーを受け入れるためのゲートが設置されており、そこにも大勢のガードマンと建設反対を訴える少ない人がプラスターを持ってたたずんでいました。
仲間の健闘を祈りながら通り過ぎ、水族館に行きました。
水族館は水槽も大きくて入っている魚も盛沢山・種類も多く中でも2頭のジンベイザメは大きくてカッコよかったです。展示も沖縄らしい南の海を意識した素晴らしいものでした。サメ特集の特別展示と水槽を泳ぐサメを身近に見て大変勉強になりました。剥製のサメの歯も触りましたがとても鋭く「けがをしないように注意」の札は伊達ではは有りません。
館内は韓国人が半分以上、中国人も多数で私たち日本人は少数派です。愚妻はイルカショーが大好きで6頭の出演する大舞台を2回、3頭の出演する水中ダイバーのショーを1回見ていました。飼育員の説明で(サメのおちんちんは外に出ているの対して)イルカのそれは体内に仕舞って「水中速度を稼ぐ」とは~知らなんだー。
と言う事で4時過ぎまで水族館で遊びました。帰ってからはホテルの向かいのお菓子屋さんでお土産を買い、付属のレストランでオリオンビールで夕食にしました。
メニューは沖縄豆腐、イカ塩焼き、沖縄焼き飯、サラダ盛り合わせ等を頂きました。泡盛や焼酎は明日「南部戦跡」に行く予定でしたので二日酔いを避けて止めました。
明日は涙無くしては語れない「ひめゆり資料館」の話しです。今日はこれまで。
 
 
》記事一覧表示

新着順:356/1024 《前のページ | 次のページ》
/1024